西泠八家詩文集(上、下)(中国古代書画家詩文集叢書)

2,924円

  • 品番(ISBN): 9787550819351
  • 出版社: 西泠出版社

カートに入れる:




■書名(中国語簡体字): 西泠八家诗文集(上、下)(中国古代书画家诗文集丛书)
■著者(中国語簡体字):(清)丁敬
■ページ数:
■サイズ:16开
■カバー:平装-胶订
■出版年月:2016-12-01

■内容紹介(中国語)

   丁敬编*的《西泠八家诗文集(上下)》介绍了, 虽以精湛的篆刻艺术扬名,但他们大都精通书法、擅 长绘画,而且,在诗歌文章创作上也是成就斐然。“ 西泠八家”的书画篆刻艺术,对浙江的书画印学发展 影响巨大,尤其八家所领“浙派”篆刻,在历史上绵 延近150年,开近代篆刻之先河,并在江浙一带薪 火相传,1904年西泠印社的设立,便与“西泠八家” 文脉相连,渊源*深,印社中人无不对八位先贤推崇 敬仰,其间效法研摩者,举不胜举。

■目次:(中国語)
前言丁敬卷  砚林诗集  砚林诗集序  序二  丁隐君伟  砚林诗集卷一  三月三日,同人修禊湖上,集庄子篇中字为四言诗,拈得德充符  武林金石之刻,留为山中故事  分咏宋元诗人故宅,得鲍郎中当  题北宋刘益之画梅竹山鸡图,用杜少陵书鹘行韵  郊游同厉樊榭、杭堇浦、符南竹作  题沈石田冷泉亭图,次石田自题韵  岳鄂王女死孝铁井阑歌……

*注意*
1、表紙デザインは稀に変更の場合があります。
2、著者は同名異人の場合があります。
3、コンテンツとして提供する内容紹介(中国語)、目次(中国語)について、
書籍内容の一部になります。稀に変更される場合がございますので、あくまで参考としてご利用下さい。


wastrong template