山之四季(松浦弥太郎《日日100》傾心之選,《小森林》式小清新生活,日本桂冠詩人山居筆記,首次中文訳出)

1,088円

  • 品番(ISBN): 9787222155428
  • 出版社: 云南人民出版社

カートに入れる:




■書名(中国語簡体字): 山之四季(松浦弥太郎《日日100》倾心之选,《小森林》式小清新生活,日本桂冠诗人山居笔记,首次中文译出)
■著者(中国語簡体字):高村光太郎
■ページ数:120
■サイズ:32开
■カバー:平装-胶订
■出版年月:2017-01-01

■内容紹介(中国語)

■目次:(中国語)
山之雪(我很喜欢雪。一到下雪的天气,我就从屋子里跑出来,感受白雪将我覆盖)
山之人(山里的人们对生活总是很有信心,他们大多是真宗的信徒)
山之春(若忆帕多瓦,旧日追忆在心头,满目唯梨花)
山之秋(不知何时带着人气的稻香已消失了,现在感受到的是吹来的山风)
花卷温泉(要我说,还是花开时候去最妙)
陆奥的音讯(我现在正一边咳着血,一边写下这些文字)
七月一日(日出于东方,哪管横云遍天上,今日是晴日)
过年(父亲总会让我看看算账的结果,一边说着"只剩这么点儿了呀")
开(仅仅是开种土豆的田地,就让我的右手上长了三个血疱)
早春的山花(银柳花大概快开,树林中巨大的辛夷也将开一片雪白)
季节的严酷(住在山里亲眼所见四季的更替,我才真正体会到一年三百六十五天的真意)
不知寂寞的孤独(只是像这样通过书信的方式,也还是能够互诉衷肠的)
夏日食事(就像泡着热水澡一般,只是静静地忍耐着,等待秋风带来下一个季节的音讯)
十二月十五日(我每天大约睡七小时,这是健康生活法则的第一要义)
积雪难融(尽管款冬的花茎和树上的嫩芽还没怎么探头,但春天的脚步似乎已渐渐近了)

*注意*
1、表紙デザインは稀に変更の場合があります。
2、著者は同名異人の場合があります。
3、コンテンツとして提供する内容紹介(中国語)、目次(中国語)について、
書籍内容の一部になります。稀に変更される場合がございますので、あくまで参考としてご利用下さい。


wastrong template