中国最具代表性碑帖臨摹範本叢書-陸机平復帖

782円

  • 品番(ISBN): 9787102074702
  • 出版社: 人民美術出版社

カートに入れる:




■書名(中国語簡体字): 中国最具代表性碑帖临摹范本丛书-陆机平复帖
■著者(中国語簡体字):张啸东
■ページ数:
■サイズ:8开
■カバー:平装-胶订
■出版年月:2016-09-01

■内容紹介(中国語)

《平复帖》为晋代陆机草书书法作品,牙色麻纸纸本墨迹。纵二十三点七米,横二十点六米,无款。全篇计九行八十余字,本是陆机写给朋友的一封信札,因其中有『恐难平复』几个字,故被称为『平复帖』,是现存有据可查的年代最早的名家书帖真迹,也是历史上第一件流传有绪的法帖墨迹,被誉为章草的经典之作。《平复帖》除了带有晋人所特有的古朴淳厚之气外,点画间还略有简牍章草之韵。虽字字独立,但通篇看去一气贯通,犹如春风吹动柳叶,充满整体的灵动之美。

陆机,字士衡,西晋著名的书法家与文学家,其祖父陆逊为三国吴丞相,父亲则是吴国的大司马。陆机本人曾任平原内史,被称为『陆平原』。

《平复帖》卷首有宋徽宗题写的『晋陆机平复帖』,后有董其昌等历代文人的跋文。董其昌在跋文中对《平复帖》评价很高:『盖右军以前,元常以后,唯存此数行为希代宝。』此帖历代辗转多处,民国时期,被张伯驹夫妇购得。为防止流落海外,张伯驹曾将此帖缝在衣内夹层,随身携带,后捐献给国家,现收藏于北京故宫博物院。

《平复帖》因书写年代较为久远,字形笔画磨漫严重,加之以草体书写,释文历来是书法史上的难题,无人对此帖做出全部准确的释文。明代张曾释出十四个字。当代书法家启功先生曾释出全部释文,不过,启先生也曾表示,他的释文有些字是根据偏旁推断出来的,仍有可商榷之处。启功先生的释文目前被海内外书法界引用较为广泛,本书也采用启先生的释文。

■目次:(中国語)

*注意*
1、表紙デザインは稀に変更の場合があります。
2、著者は同名異人の場合があります。
3、コンテンツとして提供する内容紹介(中国語)、目次(中国語)について、
書籍内容の一部になります。稀に変更される場合がございますので、あくまで参考としてご利用下さい。


wastrong template