中岳嵩高霊廟碑

170円

  • 品番(ISBN): 9787806264270
  • 出版社: 吉林文史出版社

カートに入れる:




■書名(中国語簡体字): 中岳嵩高灵庙碑
■著者(中国語簡体字):金木
■ページ数:
■サイズ:12k?
■カバー:平装
■出版年月:2007-10-01

■内容紹介(中国語)
《中岳嵩高灵庙碑》,简称《嵩高灵庙碑》,北魏文成帝太安二年(456)刊立。传为道士寇谦之撰文,无书人名姓,康有为《广艺舟双楫》经指碑字为寇谦之所书,不知所本。欧阳辅《集古求真》以康说失据,非是。按,寇谦之系北魏上谷(一说昌平)人,生卒不详,父官前秦东莱太守。史称谦之有道术,太武帝重之,始光中召诣阙下,终以尸解飞仙。检此碑字形,颇多俗写,似非出自学养有成的谦之手笔,存疑待考。
碑字楷书,多见隶势子遗,其书体特征与风格美感可以和同时期的写经墨迹相印证,应该是北魏初年楷书的通行式样。碑阳字二十三行,行五十字,残泐较甚,存五百八十余字。碑阴字七列,上二列字较大,二十二行,下五列十六行,字较小,碑侧有武周天授三年题记,碑额阳文篆书四行八字。传世最早者为明初拓本,次为明末清初字完好拓本,再次为朝气喜拓本等,现存旧拓以陈叔通藏本为优。原石在河南登封中岳庙。本书则是以明末清初完好拓本为底本的影印本。

■目次:(中国語)

*注意*
1、表紙デザインは稀に変更の場合があります。
2、著者は同名異人の場合があります。
3、コンテンツとして提供する内容紹介(中国語)、目次(中国語)について、
書籍内容の一部になります。稀に変更される場合がございますので、あくまで参考としてご利用下さい。


wastrong template