元明書法談叢

2,210円

  • 品番(ISBN): 9787547420522
  • 出版社: 山東画報出版社

カートに入れる:




■書名(中国語簡体字): 元明书法谈丛
■著者(中国語簡体字):薛龙春 著
■ページ数:292
■サイズ:16开
■カバー:平装-胶订
■出版年月:2017-04-01

■内容紹介(中国語)

作者基于对元明书法的认识和研究,以散点方式串联起一个趣味的元明书坛的观察,是属于大家小书一样深度厚度与趣味相得益彰的读物。每篇都基于翔实的研究论文的改写。文笔生动,格局新鲜有趣,评点独具只眼。

■目次:(中国語)

元代

概述

1、小吏与俗气

2、书品之累

3、赵孟頫日书万字

4、赵孟頫轶事

5、写经求官

6、儒生改行作印工

7、元代文人好印之风

8、不识汉字用押印

9、布衣道士吾丘衍

10、朱珪手持“方寸铁”

11、邓文原地位日高,书学益废

12、奎章阁中的书家

13、笔、墨品牌的“树”与“毁”

14、道士张雨有文行

15、倪瓒的洁癖

16、热衷儒学的色目人

17、自许谪仙人

明代

概述

1、宋克杂糅章、今、狂

2、“镇宅符”之诮

3、中书舍人善书得宠

4、好到极处,俗到极处

5、茅君烦用事,入手称神工

6、祝允明乱而能整

7、祝允明的“疑似伪作”

8、江南第一风流才子

9、文徵明的书名与高寿

10、陈淳的变调

11、王宠的人生面具

12、文彭篆刻事征

13、明人的花押

14、笔底明珠无处卖

15、董其昌的“淡”

16、张瑞图善写获罪

17、明人生活中的书画

18、高堂大轴

19、不缘书法也流传

20、黜幽细,存粗猛

21、王铎与“奇字”

22、临摹即创作

23、书作的忌讳

24、访碑活动与隶书勃兴

25、徽州印人奔走天下

*注意*
1、表紙デザインは稀に変更の場合があります。
2、著者は同名異人の場合があります。
3、コンテンツとして提供する内容紹介(中国語)、目次(中国語)について、
書籍内容の一部になります。稀に変更される場合がございますので、あくまで参考としてご利用下さい。


wastrong template