清代名家篆書叢帖·邓石如篆書四斎銘

1,530円

  • 品番(ISBN): 9787532643738
  • 出版社: 上海辞書出版社

カートに入れる:




■書名(中国語簡体字): 清代名家篆书丛帖·邓石如篆书四斋铭
■著者(中国語簡体字):孙宝文
■ページ数:
■サイズ:16开
■カバー:平装
■出版年月:2015-06-01

■内容紹介(中国語)

《邓石如篆书四斋铭》为《清代名家篆书丛帖》之一,孙宝文编。邓石如(1743—1805), 清代篆刻家、书法家,初名琰,又字顽伯,别号完白山人、笈游道人,安徽怀宁人。精四体书。篆书沉雄朴厚,自成面目。篆刻苍劲庄严,流利清新,世称“邓派”,也称“皖派”。 在上海博物馆,藏有一件邓石如篆书朱熹的《四斋铭》五幅条屏,并附有吴昌硕书写的一幅条屏,共计六条屏。邓氏书五幅条屏,时年五十八岁,有方家评说:此作真气弥漫,笔意俱到。而吴昌硕所书条屏,亦备具神采,与邓书交相辉映。条屏幅高一百三十四厘米,幅宽三十一点四厘米。编者将六幅条屏印出,谨供读者观临。需要说明的是,二十世纪六十年代,著名学者容庚先生曾指出,除上述这件书作外,他也藏有一件邓氏书写的与此相同的五幅条屏,只是附有的另一条屏为吴让之题跋。

■目次:(中国語)

*注意*
1、表紙デザインは稀に変更の場合があります。
2、著者は同名異人の場合があります。
3、コンテンツとして提供する内容紹介(中国語)、目次(中国語)について、
書籍内容の一部になります。稀に変更される場合がございますので、あくまで参考としてご利用下さい。


wastrong template