清代名家篆書叢帖·胡澍篆書節録韓詩外伝

1,530円

  • 品番(ISBN): 9787532643875
  • 出版社: 上海辞書出版社

カートに入れる:




■書名(中国語簡体字): 清代名家篆书丛帖·胡澍篆书节录韩诗外传
■著者(中国語簡体字):孙宝文
■ページ数:
■サイズ:16开
■カバー:平装
■出版年月:2015-06-01

■内容紹介(中国語)

《胡澍篆书节录韩诗外传》为《清代名家篆书丛帖》之一,孙宝文编。晚清书法家、篆刻家赵之谦(一八二九——一八八四),初字益甫,后改字撝叔,号悲庵、无闷等,浙江会稽人。在清代书坛上,他为碑派书法开出一条新奇的风格途径,在篆书方面,有方家评说,他将北碑的直入平出和折锋等用笔方法运用于篆书的书写,同时增加了结体上的曲折弯弧,遂别开面。

清代书家、篆刻家胡澍(18251872),字荄甫,一字甘伯,号石生,安徽绩溪人。工于篆刻,其篆肃书,坚实灵动,师邓石如,但遒劲中多柔媚,飘逸中蕴婉约。赵之谦曾评价,“我朝篆书以邓顽伯为第一,顽伯后近人惟扬州吴熙载及吾友绩溪胡荄甫。……荄甫尚在,吾不敢作篆书。”胡澍篆书节录《韩诗外传》四屏,每屏幅高一百二十六厘米,幅宽三十一点二厘米,为其传世精品力作。

编者将其彩色印出,谨供读者观临。

■目次:(中国語)

*注意*
1、表紙デザインは稀に変更の場合があります。
2、著者は同名異人の場合があります。
3、コンテンツとして提供する内容紹介(中国語)、目次(中国語)について、
書籍内容の一部になります。稀に変更される場合がございますので、あくまで参考としてご利用下さい。


wastrong template