辜鴻銘講論語(比于丹的《心得》精深一百倍的辜氏《論語》読本,李大钊、羅家倫、林語堂推薦,辜振甫促成台版出版)

1,156円

  • 品番(ISBN): 9787564069490
  • 出版社: 北京理工大学出版社

カートに入れる:




■書名(中国語簡体字): 辜鸿铭讲论语(比于丹的《心得》精深一百倍的辜氏《论语》读本,李大钊、罗家伦、林语堂推荐,辜振甫促成台版出版)
■著者(中国語簡体字):辜鸿铭 著
■ページ数:363
■サイズ:16开
■カバー:平装
■出版年月:2013-01-01

■内容紹介(中国語)

  辜鸿铭认为欧美的传教士和汉学家歪曲了儒家经典的原义,糟蹋了中国文化,并导致西方人对中国人和中国文明产生种种偏见,因此决定亲自为欧美人讲解《论语》,这就是《辜鸿铭讲论语》的由来。
  《辜鸿铭讲论语》不但语言精练,词意精达,而且在讲解的过程当中纵贯中西,援引歌德、卡莱尔、阿诺德、莎士比亚等西方著名作家和思想家的话来注释某些经文,将注释中将书中出现的中国人物、中国朝代与西方历史上具有相似特点的人物和时间段作横向比较,帮助那些对中国文化知之甚少的西方人更好地把握儒家经典的内容。
  《辜鸿铭讲<论语>》较之以前西方传教士和汉学家的儒经译本有了质的飞跃,可以说是近代讲解《论语》的的一个里程碑。这个版本也成为风靡欧美、通行世界的唯一《论语》读本。

■目次:(中国語)

第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
第七章
第八章
第九章
第十章
第十一章
第十二章
第十三章
第十四章
第十五章
第十六章
第十七章
第十八章
第十九章
第二十章

*注意*
1、表紙デザインは稀に変更の場合があります。
2、著者は同名異人の場合があります。
3、コンテンツとして提供する内容紹介(中国語)、目次(中国語)について、
書籍内容の一部になります。稀に変更される場合がございますので、あくまで参考としてご利用下さい。


wastrong template