道教史(昨日書林)

884円

  • 品番(ISBN): 9787534865251
  • 出版社: 中州古籍出版社

カートに入れる:




■書名(中国語簡体字): 道教史(昨日书林)
■著者(中国語簡体字):许地山
■ページ数:
■サイズ:16开
■カバー:平装-胶订
■出版年月:2016-09-01

■内容紹介(中国語)
本书是一部道教通史,以时间为经,以教派分化为纬,全面系统地介绍了道教产生、发展和流传的历史。全书所记时限始于道教产生前的秦汉社会状况和思想渊源,止于当代道教在世界各地的传播。所记内容涉及道教及各支派的经籍、教义、人物、教制、教职等等,同时兼及道教的节日、礼俗、圣地、遗迹、建筑、文学、艺术等等。在对道教作全面考察的同时,书中还对道教与中国古代政治、社会、经济、文化、思想的关系,作了深刻的分析。

■目次:(中国語)

绪说
一 上品道、中品道与下品道
二 方内道与方外道
三 清静说、炼养说、服食说及经典科教说
四 正真教、反俗教、训世教
道教前史
第一章 道底意义
第二章 道家思想底建立者老子
甲 老子是谁
乙 《道德经》
丙 老子底思想
丁 道论
戊 人生论
己 老子底论敌
第三章 老子以后底道家
甲 关尹子
乙 杨子
丙 列子
第四章 道家最初底派别
甲 彭蒙、田骈、慎到底静虚派
乙 假托管子所立底法治派
丙 假托太公底阴谋派
丁 庄子一流底全性派
第五章 秦汉底道家
甲 《吕氏春秋》及养生说
乙 《淮南子》及阴阳五行说
第六章 神仙底信仰与追求
第七章 巫觋道与杂术
甲 尸与巫底关系
乙 巫底职能
丙 秦汉底巫祠
丁 杂术
附录
道家思想与道教
绪论
一 原始的道家思想
二 道家思想底形成

*注意*
1、表紙デザインは稀に変更の場合があります。
2、著者は同名異人の場合があります。
3、コンテンツとして提供する内容紹介(中国語)、目次(中国語)について、
書籍内容の一部になります。稀に変更される場合がございますので、あくまで参考としてご利用下さい。


wastrong template