《九成宮醴泉銘》影印本

28,220円

  • 品番(ISBN): 9787550274006
  • 出版社: 北京聯合出版公司

カートに入れる:




■書名(中国語簡体字): 《九成宫醴泉铭》影印本
■著者(中国語簡体字):(唐)欧阳询 书写
■ページ数:
■サイズ:10开
■カバー:线装
■出版年月:2016-04-01

■内容紹介(中国語)

“天下*楷书”《九成宫醴泉铭》是欧阳询七十六岁时的经意之作,历来为学书者所推崇。此本为杨绍和旧藏北宋拓本,现藏于国家图书馆。

“九成宫”原名“仁寿宫”,建于隋文帝时。此碑由魏征撰文,欧阳询正书。碑文记载唐太宗在九成宫避暑时发现水质甘美之涌泉并命名“醴泉”之事。碑在陕西省麟游县,贞观六年(632年)四月十六日刻石,碑文二十四行,行四十九字,额阳文篆书六字。原碑残损严重,传世多为宋拓本。

此本为北宋拓本之精品,“重译”之“重”字未损。割裱本,一册,十三开墨芯高三十三厘米,宽十六·五厘米。杨绍和旧藏,江恂题签,有江恂、梁巘题跋。钤“梁闻山收藏印”“杨绍和审定”“东郡杨绍和观”“宜子孙”“于九”“蔗畦”“梁巘私印”“干研主人”“闻山父”等印章。

此碑书法结构严谨,法度森严,圆润中见秀劲,平稳处见险峻,充分体现了欧体书法的特点,是学书者必临之楷模。梁巘在《评书帖》中说:“人不能到而我到之,其力险;人不敢放而我放之,其笔险。欧书凡险笔必力破余地,而又通体严谨。安顿照应,不偏不支,故其险也,劲而稳。”

■目次:(中国語)

*注意*
1、表紙デザインは稀に変更の場合があります。
2、著者は同名異人の場合があります。
3、コンテンツとして提供する内容紹介(中国語)、目次(中国語)について、
書籍内容の一部になります。稀に変更される場合がございますので、あくまで参考としてご利用下さい。


wastrong template