義務教育公平指標体系研究——-基于県域内義務教育校際差距的実証分析

735円

  • 品番(ISBN): 9787504169914
  • 出版社: 教育科学出版社

カートに入れる:




■書名(中国語簡体字): 义务教育公平指标体系研究——-基于县域内义务教育校际差距的实证分析
■著者(中国語簡体字):安晓敏 著
■ページ数:178
■サイズ:16开 
■カバー:平装
■出版年月:2012-11-1

■内容紹介(中国語)

■目次:(中国語)

导论
 一、研究的缘起
 二、研究的意义和价值
 三、研究方法
 四、主要研究内容
第一章 教育公平的理论审视
 一、“教育机会均等”的概念演进
 二、西方教育公平理论流派
 三、多学科观点的教育公平研究
第二章 教育公平指标研究述评
 一、教育公平指标的概念及内涵分析
 二、国外教育公平指标的研究与发展
 三、国内的教育公平指标研究
第三章 我国教育公平指标体系的构建
 一、我国教育公平的基本内涵和特征
 二、教育公平指标体系的价值定位与基本原则 
 三、构建教育公平指标体系的概念模式
 四、我国教育公平指标体系的构建
第四章 我国义务教育校际差距的实证研究
 一、我国义务教育校际差距的现状及原因分析
 二、我国义务教育县域内校际差距的实证分析
 三、消除我国义务教育校际差距的政策建议
结语
附录
 一、UNESC02000年《世界教育报告》中的教育指标
 二、教育统计调查指标体系
 三、教育评价与监测指标体系
 四、教育统计指标与教育评价指标的对比
 五、学生基本情况调查问卷
 六、学校基本情况访谈提纲
主要参考文献

*注意*
1、表紙デザインは稀に変更の場合があります。
2、著者は同名異人の場合があります。
3、コンテンツとして提供する内容紹介(中国語)、目次(中国語)について、
書籍内容の一部になります。稀に変更される場合がございますので、あくまで参考としてご利用下さい。


wastrong template